2015年2月Australiaから帰国

観光ガイドブックやネット情報では、
わからないようなことを
実際に体験・経験し、現地の人や文化に触れることで
知った新しい価値観たち。
ちょっと上向けば、Breath-takingするような風景なかで、
なにも考えずただ雲が流れるのを感じ、
日本って思ってた以上に狭いんだな。。。。
と思いました。

 

これからの自分に人生を考えた時に、
この国で
本当にあるかどうかわからない
安定な生活を求めても、
そのままストレスに苛まれてしまうのではないか。

 

自分の最期の時に
「安定した生活で良かった」と言うことが幸せなのか
いや違うだろう、
人生に満足して最期を遂げたい。
そのような思い至り、
方向性を見つめ直しました。

 

こんなに広い空と日差し・風があるのに、

なぜ今まで気付くことができなかったんだろうか”

もう一度改めて、世界からの自分を見つめてみよう

今回の体験・経験を通して
新しいベクトルを広げてみよう。。
まずは、HPを立ち上げブログやオフ会を通し
なにか未来へとつながる・
紡げる場所にしよう

このHPはそのような考えのもとはじまりました。
www.kenichi.xyz (2015.3〜)

 

Australiaで私が得た感情を表現できる場所として、
撮影した空をメインにした
作品を
GALLERYに多く展示しています。

 

 

-Kenichi Okumura-

京都のとある大学で看護学び、
日本で戦場病院といわれた救急センターで
臨床経験を得ました。

オーストラリアで医療英語やだけでなく、
視野範囲がことなるような出来事からも
例外なく楽しめる人生があることを知り帰国しました。
今は大学の教員をしながら看護とはなにかみつつ
日本社会に出てもオーストラリアでの経験を忘れないよう
日本中で色々な方と出逢い・オフ会なども主催し活動していました。

将来は、紛争地域やアフリカなどで医療活動すること。
ただその過程の間にも色々とあることでしょう。
この夢の本質は何なのか
自分が幸せだと感じる活き方ってなんだろうか
模索することでしょう。

一旦、Australiaに旅立った時、
”視野が拡がる”
まさに言葉の通りでした。
自分で選択すること、
相手の顔や雰囲気を観ながら
決めることではない。
だから責任持って
おもっきり人生を楽しめるんだな・・・と。

今は、日本で再度
自分の夢である世界で医療活動
「はっと息を呑むような、ひらかれた場所で空を見る生活」
を目指し
満足した生活とは何かを考えています。

2016年の8月からはNZへ旅たち,

まずは約1年間の期間をもって
一つ方向性を手に入れていきます!!