Tagged: 永住権に向けて

YNP申請するまで(2)

前回”YNP申請するまで” で書いたとおり、会社の人事部を経由してYukon EducationにYNPを申請しました。 前回から書類の精査を行い、今後YNPの発給前に行われる面接でYNPの職員と話すことになるので最小限の必要書類で申請を行いました。申請用紙と以下のとおりです。

英語でなく英会話

日本で大学受験を真剣にやられた方であれば、一層感じていることがあることでしょう。英作文の添削や英語が読めるけど話せない。。。。と   実際のところ、センター試験で満点を狙うのであれば受験英語として必須のSVOCなどの文型と発音記号などを覚えていきますし、多くの使ういのだろうか疑うようなマイナーな単語まで暗記することでしょう。 そして思うはずです、英語が聞こえたら話せるようになると  

Yukonでの暮らし

2018年の5月からWhitehorseに来て暮らしています。   意外と家や仕事はなんとかなるものでして、格安のシェアハウスのワンルームと最寄り徒歩5分ちょいの職場(YNP申請オファーを頂いた職場)という便利な立地で過ごしています。   おそらく2014年、AustraliaはSydneyでワーホリをaplacのもとで体験せず、 日本のとある大学の不正に対しての抗争に奮闘しなくて NZでアドバイザーなしの単独でのワークビザ申請をせず カナダに来ていたら、粘らず帰国・もしくはYNPなどの移住をを簡単に断念したかもしれません。  

YNPオファーをもらった仕事についてつらつら

職場の人材が、どんどん人が入れ替わっていています。この状況のため年中中途採用していて「海外あるある」な感じです。 僕が入ったときには経験5年以上のフィリピーナのサブスーパバイザーがいましたが、すでにPR(永住権)をもっており、彼らのコミニティーと連携も相まって、ついにGovernment Job(公務員)をみつけ辞めていきました。彼等が見つけてくる政府(準州)の職業内容は、RAと大きく変わらないでに関連する仕事が多いですが、最低時給で換算すると$25-28以上になりますし、固定給のところもあるようです。